スピリチュアルな世界へ

アクセスカウンタ

        この「活」で多くの方々が救われています。

zoom RSS 「がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。」岡希太郎著

<<   作成日時 : 2013/10/20 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。
集英社
岡 希太郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年09月26日
・著者/編集:岡希太郎
・出版社:集英社
・サイズ:単行本
・ページ数:157p
・ISBNコード:9784087860368

【内容情報】
毎日コーヒーを飲む人の肝臓がん発生リスクは、飲まない人の約半分!(国立がん研究センターの調査より)第1章では「コーヒーはこんなにからだにいい!」ワケを説明。「カフェイン」と「ポリフェノール」のW効果!第2章では「どんなコーヒーをどれぐらい飲めばいい?」のギモンに答える。「黄色」と「黒」をあわせて毎日1〜3杯!第3章では食べものとコーヒーの驚きの関係、ボケも防ぐコツを伝授!

【目次】

第1章 コーヒーは本当に体にいい
コーヒーの起源は「くすり」
コーヒーは肝炎ウイルスの増殖を抑える
コーヒーは動脈硬化予防に有効 ほか

第2章 どんなコーヒーをどのように飲むといいのか?
アラビカ種とロブスタ種
浅煎り・深煎りで変わる成分
煎りの深さの違う豆で「成分ブレンド」 ほか

第3章 食と長寿と病気予防 必須栄養素とコーヒーの相乗効果
重要なのは約50種の必須栄養素
なぜ必須栄養素をとらねばらないのか
ポリフェノールは混ぜると効く ほか

【著者情報】
岡希太郎(オカキタロウ)
1941年東京都出身。東京薬科大学名誉教授、金沢大学コーヒー学講座講師。東京薬科大学卒業、薬学博士(東京大学)、スタンフォード大学医学部留学。薬化学と臨床薬理学を専攻。加盟学会:日本薬学会、米国化学会、日本臨床薬理学会、日本コーヒー文化学会他


★がん治療の体験談 7 肝臓がん

〜「長野県の水」 癌の克服〜
 肝動脈塞栓術(TAE)の治療と強命水を併用 「今はとても楽しく過ごしています」

福岡県北九州市 I.Mさん (女性)

肝臓に約10cmのしこり。「肝臓がん」と告知されました
昨年夏ごろ、母の体重が少し減ってきて食欲もないのでかかりつけの病院にみてもらった所、肝臓に約10cmのしこりを指摘されました。大きな病院ですぐ調べる様にすすめられ。CT検査の結果「肝臓がん」と告知されました。すぐに入院して他の部位を検査してもらい、転移性はないとのことが判明しました。
手術の方法は、しこりが大きくなりすぎていることから内科的治療となり、カテーテルで抗がん剤を散らす方法でした。

娘として、「良いものがあれば試したい」という思いで探した水
手術後一ヶ月半の入院期間を終え、がん細胞は80%死滅したとのことで退院しました。その後は検査結果も良く順調でしたが、年末にもう一度同じ治療をするようすすめられました。
その間、娘としても「何か良いものがあれば試してみたい」と思い本を買い、それで強命水を知りました。

副作用の心配がない「水」なら長期的にも安心して飲める!
前から水は心がけてたくさん飲んでいたので、副作用もない強命水なら安心して飲めると思いました。"手術前に思い出してほしい水"と書かれていたので、二回目の治療前にはこの水を前もって準備して飲ませました。特に手術前は多めに「タイプ1」を飲用させました。

前回とは全く違う回復ぶりにビックリしました
無事に手術が終わり、傷口の出血もすぐ止まり、予定時間より早く済みました。
発熱もほとんどなく、前にあった痰も、ほとんど出なかったです。食欲もあり、病院食では物足りなく、差し入れを催促されるほどでした。カテーテルを入れた太ももの傷もすぐふさがって10日余りで退院することができ、第一回目の治療に比べ全く違う回復ぶりでした。

母からも、「よく見つけてくれた」と感謝されています
今は前と変わらず元気に生活できています。内臓を活性化させる「タイプ2」も併飲しながら、カラオケ、旅行と楽しく過ごしております。感染症などもなく肝機能他もいいということで、体重も3kg以上増えました。がん細胞もほぼ死滅と言われています。
良い水を体内に取り入れることで自然治癒力を高め、良い細胞へと変化しているのを身を持って実感している次第です。


健康相談室からコメント
「血流観察機」によって、強命水をわずかひと口飲んだ直後に血液の流れがはやく、活発になることが分かりました。それほど強力なエネルギーを持つ水だから、肝臓がんという難病にも良い結果が出るのは納得できると考えます。

I.Mさんはお母様の肝臓がんの治療に役立てたいとご自分で本を調べ。その中から強命水を選ばれました。身体にとってマイナスになるエネルギーに負けないようにするために、強命水のプラスのエネルギーをこまめに取り入れ続けることに加え、I.Mさんの「何とかしてあげたい」という願う気持ち、そして何よりお母様の「必ず良くなる」と強く願う気持ちがいい結果を生んだのだと思います。今のいい状態を保ちながら、いつまでも楽しく元気にお過ごしください。

2004/8月頃 肝臓に10cmのしこりが見つかり、がん告知。
 しこりが大きくなりすぎているので、内科的治療(カテーテルで抗がん剤を散らす方法)
 術後1ヶ月半の入院期間を終え、がん細胞80パーセント死滅したとのことで退院。
2004/12月頃 再手術前より超エネルギー水タイプ1飲用開始。
 再手術。
 手術は予定より早く済み、傷口の出血もすぐ止まり、発熱もほとんどなかった。
 カテーテルを入れた太ももの傷もすぐふさがり、10日余りで退院。一回目の治療に比べ、全く違う回復ぶりだった。
2005/3月 感染症などもなく、肝機能も良く、がん細胞もほぼ死滅したと言われている。
 タイプ2も併飲しながら、元気に生活出来ている。


★全て、真実です。
ニセモノが多い中、この本物の水に出会って下さい。
「活」
強命水「活」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「活」はこちらから

健康維持・美容にと、赤ちゃんからお年寄りまで安心してお使いいただけるおいしいお水の波動強命水「活」は長野県諏訪で生まれ、発売から10年以上売れ続けている有名な水です。 不思議で珍しいと評判の一品で、地元の皆様からクチコミで全国に広がり続け、現在では数万人の方にご愛用いただいています。 「活」の成分は水。 水以外は一切含まれていないので安心して飲めます。(薬ではありません。でも魔法と言っていいほどの不思議な水です。ちょっと値段が高いので、もう少し安ければ良いなと私は思ってます。でも本当に不思議な水です!!!) この不思議な水「活」が、長野県茅野市の「推奨土産品」として認定されました! また、長野県主要企業として「健康産業新聞」に紹介されました!


諏訪からの水維新「活」  ここで紹介しております“不思議な水”活は、父が余命3ヶ月と言われ、インターネットや本などで調べて、アガリスクやプロポリス、サメの軟骨(全て本物)を飲ませましたが、結局この長野の郵便局でも宣伝している不思議な水“活”に出会い飲ませました。  普通の水なので、何の抵抗も無く飲んでくれたのですが、何と仕事である電気工事業が普通に出来るように元気になり、その反動からか仕事を始めて2日目に肝臓の血管が破裂し翌日亡くなってしまいました。結局3月に余命3ヶ月の宣告を受け、亡くなったのは9/27でした。  今では母が毎日少しづつ飲んでいます。口内炎がよくできておりましたが、飲んだり付けたりすると完治も早く、今では口内炎そのものができなくなりました。私や妻、子供達も体調が悪い時に薬と一緒に飲んでおりますが、本当に“不思議な水”です。  偽物も多く出回っていますので、本物であるこの“活”に出会ってください。ちょっと高いので、もう少し安くなればと、いつも思っています。もう少し流通して安くなってほしいものです。

「がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。」岡希太郎著 スピリチュアルな世界へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる