スピリチュアルな世界へ

アクセスカウンタ

        この「活」で多くの方々が救われています。

zoom RSS “江原啓之”さんからのメッセージ230

<<   作成日時 : 2013/01/02 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

★【江原啓之】922 おふくろの味

 子どものためにたとえ一品でもいいので手作りのご飯をつくりましょう。

 そこに子どもを想う気持ちがこめられるからです。

 「おふくろの味」は、時を超えて記憶に残るものですから、たとえ忙しくても手作りしましょう。


★【江原啓之】923 疲れていたら、なにをおいてもまず十分な睡眠をとる事

 多忙で疲れがピークに達していると感じることがあったら、なにをおいてもまず十分な睡眠をとるようにしましょう。

 睡眠中に私たちは一時たましいのふるさとに里帰りして、そこでエナジーをチャージしているのです。


★【江原啓之】924 想いを告げてはじめてスタートラインに立つ

 告白する勇気が持てない、好きな人に想いを伝えられないという葛藤が生じるのは、恋心ゆえでしょう。

 けれど、本当にその人が好きなら、想いが届くかどうかの「結果」は二の次。

 想いを告げてはじめて、スタートラインに立つのです。


★【江原啓之】925 今ある幸せに感謝できれば不安も不満も減る

 前向きな気持ちになることができないというとき。

 あなたは「不幸の数」ばかりを数えているのかもしれません。

 不満ばかり言っていないで、今、実はあなた自身がいかに恵まれているのかということを考えましょう。

 今ある幸せに感謝できれば、不安も不満も減るでしょう。


★【江原啓之】926 苦難や試練を恐れず目の前にやってきたことを冷静に受け入れる

 人生にはうまくいかないこともありますが、うまくいくことだけが幸いなのではありません。

 人生紆余曲折いろいろ味わうからこそ、人間力が養われるというふうにもいえるのです。

 苦難や試練を恐れず、目の前にやってきたことを冷静に受け入れましょう。


★【江原啓之】927 霊的に敏感な子

 霊的に敏感な子は、自分とは異質のオーラを他の子より強く感じるため、ほかの子どもと異なる言動をすることがあるかもしれません。

 けれど、幼いうちにはある程度どの子にもそういう感性はありますから、驚かず、自然なこととして受け入れてあげるのが一番です。


★【江原啓之】928 生きるために仕事をしている

 あなたは仕事をするために生きているのではなく、生きるために仕事をしています。

 この順番を間違うと、ともするとワーカホリックになったり、生きる目的を見失ってしまいがちです。

 何が一番大事なことなのかを冷静に見極めることが重要です。


言霊のゆくえ

言霊のゆくえ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「活」はこちらから

健康維持・美容にと、赤ちゃんからお年寄りまで安心してお使いいただけるおいしいお水の波動強命水「活」は長野県諏訪で生まれ、発売から10年以上売れ続けている有名な水です。 不思議で珍しいと評判の一品で、地元の皆様からクチコミで全国に広がり続け、現在では数万人の方にご愛用いただいています。 「活」の成分は水。 水以外は一切含まれていないので安心して飲めます。(薬ではありません。でも魔法と言っていいほどの不思議な水です。ちょっと値段が高いので、もう少し安ければ良いなと私は思ってます。でも本当に不思議な水です!!!) この不思議な水「活」が、長野県茅野市の「推奨土産品」として認定されました! また、長野県主要企業として「健康産業新聞」に紹介されました!


諏訪からの水維新「活」  ここで紹介しております“不思議な水”活は、父が余命3ヶ月と言われ、インターネットや本などで調べて、アガリスクやプロポリス、サメの軟骨(全て本物)を飲ませましたが、結局この長野の郵便局でも宣伝している不思議な水“活”に出会い飲ませました。  普通の水なので、何の抵抗も無く飲んでくれたのですが、何と仕事である電気工事業が普通に出来るように元気になり、その反動からか仕事を始めて2日目に肝臓の血管が破裂し翌日亡くなってしまいました。結局3月に余命3ヶ月の宣告を受け、亡くなったのは9/27でした。  今では母が毎日少しづつ飲んでいます。口内炎がよくできておりましたが、飲んだり付けたりすると完治も早く、今では口内炎そのものができなくなりました。私や妻、子供達も体調が悪い時に薬と一緒に飲んでおりますが、本当に“不思議な水”です。  偽物も多く出回っていますので、本物であるこの“活”に出会ってください。ちょっと高いので、もう少し安くなればと、いつも思っています。もう少し流通して安くなってほしいものです。

“江原啓之”さんからのメッセージ230 スピリチュアルな世界へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる