スピリチュアルな世界へ

アクセスカウンタ

        この「活」で多くの方々が救われています。

zoom RSS “江原啓之”さんからのメッセージ154

<<   作成日時 : 2011/11/12 23:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


★【江原啓之】571 相手がどう思うか

 相手にとって何が一番かを考えて行動しましょう。

 どんなことでも、自分を第一に考えるのではなく、相手がどう思うか、どうしてほしいと考えるかをまず想像する習慣を身に着けると、コミュニケーション全般がスムーズに運ぶようになります。


★【江原啓之】572 出会い

 奇跡のような出会いは、日々起きています。

 そのことに気づくかどうか、そして、気づいたとしても、その縁をどう育んでいくのかは、あなたにかかっています。

 あなたは霊界の操り人形ではないのですから、どんなことも、自分の自由意思で決めていけるのです。


★【江原啓之】573 やれるだけのことを精一杯やる

 やがて旅立つときが来たら、あなたは「精一杯生き抜いた」と言えるでしょうか。

 そのとき後悔しない生き方をするためにも、いま大事なのは、とことんやり抜くことです。

 中途半端が一番いけません。

 やれるだけのことを精一杯やる心がけが大事です。


★【江原啓之】574 波長の法則

 自分の心のあり方が出会う人や出来事を決めている。

 これが「波長の法則」です。

 人間が心に持つすべての思いは、想念という霊的なエネルギーを生み出します。

 「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、同じ高さの想念の波長を持った者同士が、お互いに引き寄せ合うのです。

 こういうと「私の周りにはいい人もいるけど、性格の悪い人もいる」と疑問を抱く人もいるでしょう。

 しかし、人の波長は一定ではないですから、当然です。

 あなたの波長には高いところもあれば低いところもある。

 ですから、よき人との出会いは波長の高い部分、悪しき出会いは低い部分が引き寄せたといえるのです。

 これは、裏を返せば、今のあなたを取り巻いている人たちを見れば、自分の波長もわかるということ。

 優しさに満ちた人だちならあなたも前向きであり、憎しみや妬みを持つ人ばかりなら、否定的なエネルギーが強くなっているということ。

 日々出会う人や出来事を自分の鏡として常に意識し、そこから学び取っていくことが「波長の法則」をフル活用した生き方なのです。


★【江原啓之】575 まず案を練る

 新しく行動を起こす前には、作戦タイムが必要です。

 情熱も大事ですが、感情だけでは道を誤ることもあります。

 冷静になって、これから歩む道について検討し、熟慮してから、歩み始めましょう。

 計画は途中で変更してもよいのですから、まず、案を練ることです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「活」はこちらから

健康維持・美容にと、赤ちゃんからお年寄りまで安心してお使いいただけるおいしいお水の波動強命水「活」は長野県諏訪で生まれ、発売から10年以上売れ続けている有名な水です。 不思議で珍しいと評判の一品で、地元の皆様からクチコミで全国に広がり続け、現在では数万人の方にご愛用いただいています。 「活」の成分は水。 水以外は一切含まれていないので安心して飲めます。(薬ではありません。でも魔法と言っていいほどの不思議な水です。ちょっと値段が高いので、もう少し安ければ良いなと私は思ってます。でも本当に不思議な水です!!!) この不思議な水「活」が、長野県茅野市の「推奨土産品」として認定されました! また、長野県主要企業として「健康産業新聞」に紹介されました!


諏訪からの水維新「活」  ここで紹介しております“不思議な水”活は、父が余命3ヶ月と言われ、インターネットや本などで調べて、アガリスクやプロポリス、サメの軟骨(全て本物)を飲ませましたが、結局この長野の郵便局でも宣伝している不思議な水“活”に出会い飲ませました。  普通の水なので、何の抵抗も無く飲んでくれたのですが、何と仕事である電気工事業が普通に出来るように元気になり、その反動からか仕事を始めて2日目に肝臓の血管が破裂し翌日亡くなってしまいました。結局3月に余命3ヶ月の宣告を受け、亡くなったのは9/27でした。  今では母が毎日少しづつ飲んでいます。口内炎がよくできておりましたが、飲んだり付けたりすると完治も早く、今では口内炎そのものができなくなりました。私や妻、子供達も体調が悪い時に薬と一緒に飲んでおりますが、本当に“不思議な水”です。  偽物も多く出回っていますので、本物であるこの“活”に出会ってください。ちょっと高いので、もう少し安くなればと、いつも思っています。もう少し流通して安くなってほしいものです。

“江原啓之”さんからのメッセージ154 スピリチュアルな世界へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる